WABI - SABI

Un roman est un miroir qui se promène sur une grande route.

運命ではなく(SORSTALANSÁG)

 

書名:運命ではなく(SORSTALANSÁG)

  

운명 - 8점
임레 케르테스 지음, 유진일 옮김/민음사

 

著者名:ケルテース・イムレ(Kertész Imre)

1929年ハンガリーのブダペスト生まれ。第二次世界大戦中、アウシュヴィッツなどで収容所生活を送る。最初の作品である本書により、ドイツ、フランス、アメリカを中心に高い評価を受ける。他の作品として、『挫折』(1988)、『生まれなかった子のためのカディシュ』(1990)などがある。ニーチェやカネッティなどドイツ文学の翻訳も手がける。2002年度ノーベル文学賞受賞。

 

あらすじ:ストーリーは少年の父親が強制労働に招集されたことで始まる。彼は継母と一緒に住み、チェペルにある軍需工場で勤労奉仕をして暮らしていた。ある日、ジョルジュと彼の友達は警察官にバスから降ろされ、彼らはある煉瓦工場に連れて行かれた。そして、ゲットーに捕らえられた他のユダヤ人と共に列車に乗せられ、ドイツにあるアウシュヴィッツ強制収容所に移送された。収容所でジョルジュと多数の仲間達は労働可能と判定され、彼らはその理由で処刑されなかった。その後、彼らはブーヘンヴァルト強制収容所に送られた。そして、そこにある軍需工場で明け方から夜遅くまで強制的に働かされた。過酷な強制労働と栄養不足でジョルジュの体は弱くなっていった。その後、移送された別の小さな強制収容所で大病になり、ブーヘンヴァルトの囚人病院に送られた。ジョルジュはそこで死を待ち続けていたが、病状の回復途中で強制収容所が解放されたことを知る。コヴェシュ・ジョルジュはすっかり様変わりしたブダペストに帰る。父親が死に、継母が再婚しており、わが家に知らない家族が引っ越していた。過酷な経験をした主人公は日常的生活に対処することができない。住む場所もなく、新しい生活を始めようとする。(ウィキペディア:運命ではなく 参照)

 

 

あらすじは自分が改めて書くのはめんどくさかったので上手く整理できるか不安だったのでウィキペディアさんから借りてきました。

 

ケルテース・イムレという作家さんは、ノーベル文学賞も受賞したほど著名な方ですね。ただ日本での著名度はあまり高く無いのでしょうか?韓国では肌感それほど知られてないようです。(実際、2002年度受賞するまで母国であるハンガリーではほとんど知られてなかったそうです。。。)

 

この小説を読みながら感じたこと、気になったことを気軽に書いていきたいと思います。収容所生活の悲惨さに関しては、自分も消化しきれてないので割愛します。

 

面白いと思ったのは、まずこの小説のタイトルです。

 

韓国:운명(運命)

日本:運命ではなく

 

というふうにタイトルだと完全に意味が相反してしまっている。。。

(ちなみに英語版は”Fateless”、調べたところ映画もあるみたい)

 

 

次に、主人公にとって父親とはどういう存在なのか?というのを最初に考えました。小説の最初は、父親が労働キャンプに送られるところから始まります。ただ、その後の主人公の収容所生活のなかで家族に対する、とくに父親に対する感情の告白や回想などがほとんどありませんでした。物語の後半で父親が労働キャンプに出かける時の場面を回想しながら、

 

まるで僕のお父さんのお葬式にいるみたいだった。p.275

 

と言っています。つまり、父親が労働キャンプに行く時点で主人公の中では父親が既に亡くなっていたのではなかったのかなぁと思います。父親との離別、そして(偶然ともいえる)家族との離別により主人公はひとりの大人として成長し始めてるのだと思います。

 

(番外編:あとは、個人的に引っかかったのは”否定の否定”という言葉が使われていて、肯定といわずに”否定の否定”と使っているのはなんでなのかなぁというところです。)

 

本格的に、小説のタイトルにもなっている”運命”について考えてみたいと思います。”運命”ってなに?という問いにニーチェ先生っぽく答えると、”たった一度の偶然を必然と受け入れること”みたいな感じでしょうか。。

(運命愛に関しては、ミラン・クンデラの『存在の耐えられない軽さ)を読むといいかもしれません!)

 

僕も与えられた僕の運命を最後まで生きた。僕の運命じゃなかったけれど、僕は最後まで生きたのだ。

 

あそこでの体験は何かの間違いだった、ユダヤ人であることは、僕にとってまったくの偶然で、脱線だとか、あるいは本当は何も起きなかったんじゃないかといってかたづけられるのには、もう今となっては我慢できないのだ。P.273

 

彼は自分の経験が偶然であったと考えることに対して我慢ならないと言っています。さらに、主人公は「当然だけど。」という言葉が口癖です。まるで偶然でもあることに対して、当然こうなったんだといわんばかりに自分を納得させて運命として受け入れてるように感じました。

 

そして小説のクライマックスで主人公が放った言葉。

 

どうして認めようとしないのだろうか、もしすべてが運命でしかないなら、自由などありえない、その逆に、もし自由というものがあるなら、運命はないのだ、ということを。つまり、と言って、僕は立ち上がり、息継ぎをするために間を置いて、つまり、運命とは僕たち自身なのだ、と僕は言った。P.274

 

 

主人公は、自分自身が運命で与えられた運命を最後まで生きたと自負しています。

最後に、彼は「最後まで生きた」と過去の出来事として言っているということは、彼の運命的な人生は終わったのでしょうか?実際小説では、彼がその後どのように生きていくのかについては言及されていません。ただ、これからの人生をかれは『運命ではなく』生きて行くことを望んでいるのではないのかなぁと思いました。まるで幸福な偶然に出会い人生を歩んで行く、そのような未来を夢見ているのでないのかなぁと個人的には思いました。

(主人公が新聞記者と出会った時に出てきた”幸運な偶然”という言葉が印象深かったです。それまで主人公が歩んできた収容所での生活は”不運な必然”だったのかなぁと考えてしまいました。)

 

日本版の『運命ではなく』はこれからの人生、韓国版の『運命』は、かれの収容所での生活にたいする彼の捉え方をよく表してるのではないかなと思い、同時にそれならこのような対照的なタイトルにも納得できました。

 

今回は完全に独断による超個人的な感想ですし、読み返しなしで文章に書き起こしてるので、小説を読んでいくと自分の考えと相反する部分が見つかるかもしれません。

さらに、著者がどのような意図でタイトルをつけ、各言語に訳されているのかに関しては正解を知りえないので、勝手な自分の想像として書きました。一つの考えとして読んでもらえるといいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

나는 악령의 목소리를 듣는다 ~소크라테스, 철학적 욕망의 기원에 관하여~

 

書名:나는 악령의 목소리를 듣는다 ~소크라테스, 철학적 욕망의 기원에 관하여~

           私は悪霊の声を聞く ~ソクラテス, 哲学的欲望の起源に関して~

 

著者紹介:백상현

フランス国立美術学校 École des beaux-arts de Valence を卒業後、再びパリ第8大学で芸術学を専攻した。

パリ第8大学芸術学科では論文<外在言語的思惟 ビル・ヴィオラ>で修士学位を、のち哲学科で論文<症候的文章, リオタールとラカン>で博士学位を取得した。

高麗大学、梨花女子大学、崇實(スンシル)大学などで精神分析と哲学を中心に講義し、'韓国フロイトラカン・カレッジ'の常任教授を歴任した。ラカンの精神分析理論を通して美学、社会学、哲学を再構成する研究と執筆活動に取り組んでいる。

著書に、『ラカンの人間学:セミナー7の講解』、『騙されない者たちは彷徨う』、『ラカンのルーブル』、『孤独のマニュアル』、『ラカン美術館の幽霊たち』がある。

 

나는 악령의 목소리를 듣는다 - 8점
백상현 지음/에디투스

 

この本で著者は、アテネでのソクラテスに対する死刑(宣告)という事件について、"欲望"というキーワードを中心に説いています。

 

"(상략...), 그것은 철학이라는 실천을 이해하는 하나의 입장에 관한 것이다. 철학이란 복잡한 텍스트의 전개와 사변적 이론의 나열이 결코 아니라는 것, 철학은 하나의 욕망이고, 그것은 변화하려는 욕망이며, 현재의 우리를 지배하는 고정관념의 권력에 대항하는 고함소리와 같은 것이라는 관점이다."(p.15)

 

(訳) それは哲学という実践を理解するひとつの立場に関するものである。哲学とは、複雑な文章の展開と事変的理論の羅列では決してないこと、哲学はひとつの欲望であり、それは変わろうとする欲望、現在の我々を支配する固定観念という権力に対抗する叫びのようなものであるという味方である。

 

簡単に説明すると、'アテネ=言語化された法律に基づいた統治(固定観念的支配)' に対して、'ソクラテス=固定観念から抜け出そうとする欲望' という構図を用いて話は進んでいきます。アテネの固定観念はソクラテスを死刑にするほど病的であったと同時に、ソクラテスも死を前に欲望に忠実であったという点で病的であったと著者はいいます。

中盤から後半にかけては、フロイト(Freud)やラカン(Lacan)を中心に添えてソクラテスの欲望が彼の死後、弟子であるプラトンはじめアテネにどのように継承されていったのかについて書かれています。固定観念を抜け出したいというソクラテスの欲望は、彼の死で終わるのではなく、まるで幽霊のように後の世代に纏わりつくというのです。

本の題名にもなっている悪霊の声というのは、ソクラテス自身(もしくはソクラテス的欲望の声)であり、そのような声は紀元前のアテネだけではなく現在わたしたちが生きている背世界でも常に響き渡っているのです。

 

と大雑把な内容はこんな感じでした。

 

 

(△)

- 他のレビューを少し見てたら、ラカンに対する理解がなってない!というレビューをみつけました。自分はラカンをそこまで深く勉強したことがないので何とも言えません。ただ、本書は150ページの本でエッセイ形式で書いてあるので専門的なところは幾分端折られている気もしました。(哲学・精神分析に関する用語についてもとくに説明なく使われているので用語について知らないとかなり読みづらいのかなとも思いました。)

 

- これは個人差ですが、自分は完結した文章が好きなのでちょっと読みづらい?というか文章を完結させてほしいなぁと思ってしまいました。笑

例) -니까.  -처럼.  -하게 되는.  体言止め etc...  

といった感じで、え!?そこで文章切ります!? っていうような感じで不意をつかれてしまいました。笑

 

 

ただ、全体的に内容は興味深かったです。

最後のエピローグでは、スケートボードをくりかえし練習する少年について彼もまたソクラテスであり我々も然りだ(であるべきだ)!といい終わっています。

 

"너희들은 어쩌려고 그러니..."라는 어른들의 애도의 목소리에 침을 뱉는 욕망이 그곳에 있었기 때문이다. 당신들이 원하는 방식대로는 결코 나의 시간이 반복되도록 하지 않겠다는 어떤 완고함이, 견고한 타락을 통해 현재의 이데올로기를 돌파하려는 투쟁이, 바로 그러한 타락을 관리하고 통제하여 하나의 반복으로 정립하려는 철학적 욕망이 보드를 타는 고딩들의 형상 속에 있었다는 말이다." (p.149)

 

(高校生たちがスケードボードをズボンが擦り切れるまで反復練習してるのをみて)"そんなに頑張って何になるの?"と言ってくる大人たちに、"あなたたち(大人たち)の望む形では決して私たちの時間が反復することはない"という、既存のルールから見たら堕落かもしれない道を反復し進もうとする欲望がその高校生たちから見えた。

と著者はいい、それがまさにソクラテス的欲望だというのです。

 

たしかに大人になるにつれて無生産にみえることに対して手を出しづらくなり、それだけでなくそのような事をしている若者にたいして(悪気なく)アドバイスのつもりで "やめたほうがいいよ〜" とか  "それって意味なくない?役に立つの?" と声がけすることが多々あると思います。ある程度年齢を重ねると、社会的固定観念に縛られその基準をもとに判断しやすくなりますよね。

ただそのような固定観念に縛られることなく、自分の欲望の声にしたがい生きて行くことの大切さを著者はソクラテスの人生を通して語りかけているのかな、と思いました。

 

興味がある方は、ぜひ手にとってみてください〜

 

 

 

 

 

 

 

추석이란 무엇인가

 

9月21日、김영민(キム・ヨンミン)教授が京鄕新聞にコラムを掲載しました。

 

コラムのタイトルは、추석이란 무엇인가? (秋夕とは何か?)

 

goo.gl

 

韓国では秋夕期間は祝日になります。

今年は、(土日合わせて)9月22日〜26日まで連休でした。

 

この期間は親戚があつまったり、海外旅行に行ったりでお店も閉まったりとソウルから人が消えます。笑

(푸른 밤というラジオによると今回の秋夕期間で3000万人が大移動するとのこと。人口が5100万人ほどなので凄さが伝わりますね。)

 

秋夕期間のあいだ故郷に親戚が集まると、久しぶりに会うついでについつい

"学業の調子はどうか?" "就職はできそうなのか?" "結婚はいつするのか?"

などの質問攻めにあいがちですね。(特に自分のような20代は特に聞かれる。。。笑)

 

キム・ヨンミン教授は、そんなとき相手が困ってしまう質問、特にアイデンティティを問うような哲学的な質問を逆にしてみてはどうか、と書いています。

 

例えば、秋夕とは何か?、結婚とは何か? などなど。。。

 

そうすればそのような質問から解放され自由になれるのでは、とユーモアある提案をしています。

 

自分の言葉に変えてこのように説明しても特に面白くないと感じますが、実際にキム・ヨンミン教授のコラムを最初から最後まで読んでみると、思わずクスッと笑わずにはいられないコラムになってます〜

 

ぜひ一読してみてください:)

 

 

第72回 ソウル大学 後期学位授与式

 

ソウル大学を無事卒業!!

 

卒業まで長いようであっという間の大学生活だったなぁ。

 

また改めて大学生活総括できる時間取ろう。。。

 

午前中は、大学全体の学位授与式。

続いて、午後からは学部の卒業式に参加。

 

f:id:Alhena0:20180920235521j:plain

 

午前中は何とか天気がもってくれたので良かったけれど、

午後は大雨。。。

 

f:id:Alhena0:20180920235649j:plain

f:id:Alhena0:20180920235709j:plain

 

 

언어공부 ~16개국어를 구사하는 통역사의 언어 공부법~

書店で興味深い本が目に入ってきたので読むことにしました。笑

 

f:id:Alhena0:20180227063524j:plain

 

 

本のタイトル:言語勉強 ~16ヶ国語を駆使する通訳士の言語勉強法~

 

著者:Lomb Kató

16ヶ国語を駆使する多言語話者。1909年ハンガリーで生まれた。幼少期から外国語に関心を持っていたが素質はなかった。高校生になるまでは外国語で落第生、大学では化学を専攻した。就職期に言語を教えることを職にすると決心。その後、様々な言語に挑戦し15ヶ国語を学び、外国語教師と翻訳家を経て通訳士として活動した。86歳でヘブライ語を勉強し始めたが、2003年に94歳で永眠。

 

訳:신견식(シン・ギョンシク)

15ヶ国語以上の外国語を解読する語道楽家として様々な言語に触れる人生を謳歌している。韓国外国語大学スペイン語学科を卒業後、ソウル大学言語学科修士課程を修了した。技術翻訳から文学翻訳まで多様な分野の翻訳をしている。

 

出版社:바다출판사(2017)

 

著者の自叙伝+外国語学習法で内容は構成されていました。

たぶん、読者が知りたい外国語学習法の部分は、次のようにまとめられていました。 

 

  1. 言語に触れる時間を必ず毎日つくること。
  2. 外国語に対する学習アプローチをたくさん持つこと。筆者は外国語学習に対して、興味や熱を失うことを一番危惧しているので一つのアプローチ(例:単語暗記)だけでは飽きやすいので、多様なアプローチ(例:ラジオを聞く、日記を書いてみる)を回しながら学習することを勧めています。
  3. 単語だけで覚えないこと。周囲の文脈や例文と一緒にその単語に慣れていくこと。
  4. 教材の隅に使えそうな表現を書いておき会話であらかじめ作っておいた要素を使うこと。
  5. 疲れているときは、看板に書かれている文字や過去に話した会話を訳してみると良い休憩になる。
  6. 矯正や修正された文章だけを覚えること。自分が書いた文章を覚えると間違えたまま覚えてしまう可能性がある。
  7. 慣用句などは常に一人称単数で覚えるようにすること。
  8. 外国語は城郭である。全方向から包囲するように学習するのが良い。新聞・ラジオ・映画・論文などすべてのものを活用すること。
  9. ミスを恐れないこと。また、会話の中でミスした用法があれば必ず相手に指摘してもらうようお願いすること。
  10. 自分自身を言語の天才と強く信じること。

 

というような感じで、彼女自身はこれを‘言語学習の10カ条’として紹介しています。

 

もちろん、10カ条について実際はもう少し詳しい学習法も出てきています。

 

学習法の中で彼女が特に強調しているのが、音読(独白)でした。

 

外国語学習に関しては、自分と合う方法だったり生活環境との折り合いもあると思うので、こういった本を参考にできそうな部分は取り込んでいきたいですね。