WABI - SABI

Un roman est un miroir qui se promène sur une grande route.

언어공부 ~16개국어를 구사하는 통역사의 언어 공부법~

書店で興味深い本が目に入ってきたので読むことにしました。笑

 

f:id:Alhena0:20180227063524j:plain

 

 

本のタイトル:言語勉強 ~16ヶ国語を駆使する通訳士の言語勉強法~

 

著者:Lomb Kató

16ヶ国語を駆使する多言語話者。1909年ハンガリーで生まれた。幼少期から外国語に関心を持っていたが素質はなかった。高校生になるまでは外国語で落第生、大学では化学を専攻した。就職期に言語を教えることを職にすると決心。その後、様々な言語に挑戦し15ヶ国語を学び、外国語教師と翻訳家を経て通訳士として活動した。86歳でヘブライ語を勉強し始めたが、2003年に94歳で永眠。

 

訳:신견식(シン・ギョンシク)

15ヶ国語以上の外国語を解読する語道楽家として様々な言語に触れる人生を謳歌している。韓国外国語大学スペイン語学科を卒業後、ソウル大学言語学科修士課程を修了した。技術翻訳から文学翻訳まで多様な分野の翻訳をしている。

 

出版社:바다출판사(2017)

 

著者の自叙伝+外国語学習法で内容は構成されていました。

たぶん、読者が知りたい外国語学習法の部分は、次のようにまとめられていました。 

 

  1. 言語に触れる時間を必ず毎日つくること。
  2. 外国語に対する学習アプローチをたくさん持つこと。筆者は外国語学習に対して、興味や熱を失うことを一番危惧しているので一つのアプローチ(例:単語暗記)だけでは飽きやすいので、多様なアプローチ(例:ラジオを聞く、日記を書いてみる)を回しながら学習することを勧めています。
  3. 単語だけで覚えないこと。周囲の文脈や例文と一緒にその単語に慣れていくこと。
  4. 教材の隅に使えそうな表現を書いておき会話であらかじめ作っておいた要素を使うこと。
  5. 疲れているときは、看板に書かれている文字や過去に話した会話を訳してみると良い休憩になる。
  6. 矯正や修正された文章だけを覚えること。自分が書いた文章を覚えると間違えたまま覚えてしまう可能性がある。
  7. 慣用句などは常に一人称単数で覚えるようにすること。
  8. 外国語は城郭である。全方向から包囲するように学習するのが良い。新聞・ラジオ・映画・論文などすべてのものを活用すること。
  9. ミスを恐れないこと。また、会話の中でミスした用法があれば必ず相手に指摘してもらうようお願いすること。
  10. 自分自身を言語の天才と強く信じること。

 

というような感じで、彼女自身はこれを‘言語学習の10カ条’として紹介しています。

 

もちろん、10カ条について実際はもう少し詳しい学習法も出てきています。

 

学習法の中で彼女が特に強調しているのが、音読(独白)でした。

 

外国語学習に関しては、自分と合う方法だったり生活環境との折り合いもあると思うので、こういった本を参考にできそうな部分は取り込んでいきたいですね。