WABI - SABI

Un roman est un miroir qui se promène sur une grande route.

<Le Corbusier : Les Heures Claires de La Villa Savoye>

f:id:Alhena0:20190128190732j:plain

La Villa Savoye


 

<Le Corbusier : Les Heures Claires de La Villa Savoye>


Jean-Pholippe Delhomme × Jean-Marc Savoye Exhibition

 

期間:2018.11.30 ~ 2019.01.31

 

<About the Villa Savoye>     *展示パンフレット翻訳

 ビラ・サボアは、ル・コルヴィジエが1928年に建築依頼を受けピエール・ジャンヌレとともに1930〜31年にかけて建てた住宅である。

ル・コルヴィジエが主張する‘現代建築5つの要素(ピロティの構造、水平窓、屋上庭園、自由な立面と平面)’が反映されている20世紀の象徴的な建築物として有名である。

しかし、この住宅に住んでいた人々についての話はほとんど知られていない。

 

 <ル・コルヴィジエ:ビラ・サボアの華やかな時間>はある女性のアイディアから始まったモダン住宅、ビラ・サボアのドラマチックな誕生過程と建築の秘話を詰め込んだ本である。

この本の著者ジャン・マーク・サボア(Jean-Marc Savoye)は、1928年ル・コルヴィジエにビラ・サボアの建築を依頼したピエール&ユジェーニ・サボア(Pierre&Eugénie Savoye)の孫として歴史的な資料と家族の思い出を土台にビラ・サボアの過去を回想する。

 

 20世紀後半、ピエール・サボアは当時新しく浮上していた事業である保険会社を運営していた。

かれの夫人であるユジェーニ・サボアは自分で運転をして水泳とゴルフを楽しむなど自由な女性だったが、彼女が何故よりによってル・コルヴィジエに家を依頼したのかは未だにミステリーである。

‘華やかな時間’という名前がついているビラ・サボアは、とても革新的で詩的な試みであり、この家で暮らす人々は確かに格別な生活を楽しんだ。

同時に、暖房と漏水問題、戦争、社会的変革による苦痛も経験しなければならなかった。

 

 <ル・コルヴィジエ:ビラ・サボアの華やかな時間>の韓国版の出刊を記念した今回の展示では、ジャン・フィリップ・デロムの原画とビラ・サボアを背景にした‘ヴィトゥラ’シリーズが紹介されている。

また、建築依頼書と建築主の手紙、3回にわたって行われたル・コルヴィジエのアトリエ設計図面とスケッチなどの関連資料、そしてジャン・マーク・サボアの映像インタビューを観ることができる。

本当にかれらは幸せだったのだろうか。これは、ル・コルヴィジエの建設についての話ではない。

特別な家に住んでいた平凡な人々の日常とその華やかな時間を記憶する誰かの大切な思い出を案内書として出発する17日間の旅行である。