WABI - SABI

Un roman est un miroir qui se promène sur une grande route.

Techné des corps

 

"Par des corps produits par l'autoproduction de l'esprit et sa reprodiction" 

 

精神の自己生産や再生産により作り上げられる身体は存在しない。

→ ecotechnics:身体は no end/no principle/no cause であり、決してsignifying bodyではない

 

<<<

『無為の共同体 』- unworking, syncope(休止) → 共同体は完結した意味によって創造されているのではなく、unworking of sense によって創造される。

work とは意味、完結性を象徴するもの。これらが休止、中止する瞬間。無為というのは単純に何もしないという意味ではない。'無為'とは、意味の完結性をひらく techne である。

>>>

 

実在/実存(ex-istance):実在自体がすでに他者に対するopeningであるため、存在(実在)がすでにレヴィナスが言う'倫理'に該当する。実在自体が自分の外に出て行くものであるため、それ自体は固定されず is/is not で論じることはできない。つまり実在に固有性/アイデンティティ/純粋性というようなものはない。

→ 身体はもとから技術的である(ontotechnology)。

(address:自分自身を露出、他者に声かけ  cf. 『Adoration』)

 

創造(creation ex nihilo):創造の裏面に agency(essence, subject) のようなものは存在しない。創造は、身体が自己自身と変わる方法でのみ存在する(self-difference)。technical transformation of snese (デリダのいう it differs from itself)

 

Des corps ainsi créés, c'est-à-dire venant, et dont la venue espace chaque fios l'ici, le

 

身体は、現存/不在 ではなく、自己自身と変わる方法で存在する。つまり、to-come/not-yet で存在する。また、身体は area である(devoid of meaning)。

 

La <<création>> est la technédes corps. (. . .) Notre monde est le monde de la <<technique>>, (. . .) monde d'une écotechnie.

 

技術の時代:神が去った世界、ラカンがいう大他者が存在しない世界。

生態技術(eco-technics):道具ではなく、代理補充(余り)としての技術。

 

<<<

技術:

1. 資本の全体主義に奉仕するもの。euqality(singularities) を equivalence に変えてしまった。(Nancyは、これを disaster という。  cf. 『After Fukushima』) ハイデガーもこれを批判。

2. 道具ではなく、代理補充(supplementation of nothing(=opening, ineliminable))としての贈り物(Derrida)

>>>

 

sens(sense):opens 'the closure of signification' to the coming of unprecedented sense

→ eco-technics

 

L'écotechnie crée le monde des corps sur deux mondes corrélatifs: aux projections d'histoires linéaires et de fins dernières, elle substitue des espacements de temps, avec différences locales, bifurcations nombreuses. L'écotechnie déconstruit le systéme des fins, rend celles-ci nonsystématisables, non-or-ganiques stochastiques même.

 

技術は、目的の体系を解体する。目的の体系とは意味の歴史であり、形而上学のことを指す。

 

(. . .), bien loin d'en faire des <<objets techniques>> 

 

Pour finir, nous sommes dans la techné du prochain

 

techne of neighbor : 1. 親密な 2. 馴染みのない → 同時に発生

(フロイトの Nebenmesch complex, uncanny を参照)

人間でも神でもない、人間でもあり神でもある部分が隣人、怪物性、techneである。